お盆の行事


精霊棚

多くの地方では、ご先祖様の霊を迎える精霊棚を8月(7月)13日の朝に作ります。精霊棚は、盆棚とも言われ、位牌を安置し、お供えする棚です。茄子で作った牛や胡瓜の馬が供えてあるのをよく見かけるのではないでしょうか。これは、ご先祖様の霊が牛に荷を引かせ、馬に乗って行き来するという言い伝えによるものです。

迎え盆・送り盆

13日の夕方か夜に菩提寺とお墓に参り、先祖の霊を迎えます。これを「精霊迎え」と言います。この時に霊が迷わず帰ってこられるように焚くのが「迎え火」です。地域によってはお墓からの道筋に、たくさんの松明を灯す所もあります。そして、16日は送り盆です。この日に、お盆の間一緒に過ごした先祖の霊を送り出すことを「精霊送り」と言います。この時に「送り火」を焚くことも広く行われています。京都の[大文字焼き]も送り火の一つなのです。

新盆

故人の四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆を「新盆」と言います。アラボン・ニュウボン・アラソンジョ・ニイジョウロ・ネジョウレイなどと呼ぶこともあります。普段のお盆よりも手厚く供養するのは、人の情として自然なことでしょう。新盆は親戚や縁者から盆提灯が送られます。地域によって異なりますが、何も絵柄のない白張提灯を新盆の時だけ使い、送り火で燃やしたりお寺へ納めたりする風習があるようです。毎年のお盆には秋草の模様などの入った提灯を使います。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。

Copy Right (c) Hokkori Inc. All Rights Reserved.